無印良品は私の必需店

現在の私の生活は無印良品の品物が無ければ成り立たない程で有り、無印良品の店舗にも週に複数回訪れる程に好きなブランドです。
何故なら現在使って居るベットは無印脚付マットレスですしソファは体にフィットするソファを使用しています。
このベットは昔ソファベットを使っていた頃、余りのガタ付きと水平にならない為寝た気がしない生活から解放してくれた商品で有ります。
このベットは安くて良いベットを探していた頃、家の近くの店舗で置いてあった品物で丁度セール品となっていたので購入させて頂きました。
この頃は余りお金が無く現状で我慢するか安いベットを買ってしまうか、迷っていた時期でしたがこの脚付マットレスポケットコイル使用が安くなっていた為、その場ですぐに購入を決めました。
寝心地については素晴らしいの一言で丁度良い硬さでコイルが柔らかすぎて沈んだりする事も無く、理想的な寝心地でホテルに置いてある有名メーカーの商品に引けを取らない程でこの価格帯で手に入るのはとても驚きです。
現在使用してから三年以上経ちましたが、ヘタレや大きく変形した場所も無く、それどころか全く凹みさえせず買った当時のままの姿を保っています。
現在このベットとセットで使って居る羽毛布団カバーも無印さんの無印良品週間の時に購入した物で有りますが、此方も現在五年以上経って居ますが全く問題なく使用できますし柔らかい肌触りがお気に入りです。
このカバーはカバー自体でタオルケットがわりになる位の性能のものでして、春や秋などには他に掛けずとも羽毛布団とカバーだけで暖かく寝付けるほどです。
ですので現在の睡眠にはこの2つの物がないとどうしようもなくなる程に重要視しています。
現在は無印良品に行ってベットカバーなどを見る事が多く現在使用して居るベットカバーも無印良品の品物です。
その他にも壁掛け家具シリーズの服掛けを使用していますが、これは取り付け方も説明書に図で書いて有り素人でも簡単に取り付ける事が出来ました。
現在冬場などの外出用コートをかける為に使ってますが、冬用の重いコートを三つに全て掛けても全くガタ付きも無く使用する事が出来ましたので耐久性も充分ですしそれなのに壁に開ける穴もかなり小さいので凄く良い品物だと思います。
この他にも服や扇風機食品などいちいち一つずつ上げて行ったらキリがない程に私の部屋には無印良品の商品が溢れています。
以上のように私の生活には無印良品の商品が欠かせないものとなっておりますので、これからも店舗に通い続けて行くと思います。

無印良品メンバーの解説

食品、雑貨、家具など、無印良品では生活するのに必要な商品が一通り揃っていて魅力的です。全国各地にお店がありますので、無印良品を知っているという人はとても多いのではないでしょうか?

無印良品が多くの人から支持を受けている理由は、販売されている商品点数の多さです。たとえば食品というカテゴリーだけにしぼっても、他の店では見かけないような珍しい商品がたくさんあります。魅力的で珍しい商品をお手頃価格で買える、それが無印良品の良さです。また、比較的早いサイクルで商品が変わっていきますので、少し間を置いて訪れれば前に来た時とは違う商品を見られます。そうして新しい商品をどんどん販売しているからこそ毎回新鮮な驚きがあり、自然と購買意欲をそそられます。

また、雑貨や家具などは、センスあるオシャレなデザインの商品が多いのも無印良品の特徴です。デザインの方向性はどちらかといえばシンプルな大人スタイルで、持っていると何だかカッコ良く感じられます。また、女性向けのカワイイと思えるような商品もありますので、男女問わず好かれやすい商品がたくさんあります。無印良品を訪れたとき、本来買う予定ではなかった物をデザインの良さに一目惚れして買うということもあるのではないでしょうか?それぐらいデザインで魅力的な商品がたくさんあり、とりあえず見るだけでも飽きないです。

さらに、価格の割引についてもサービスの態勢が整っています。スマホアプリやネットからアクセスして「無印良品メンバー」になれば、無印良品週間に10%割引の優待価格で商品を買うことができます。この無印良品週間は1年の中で定期的に行われていますので、もしも「商品をできるだけ安い価格で買いたい」「安いときにまとめ買いをしたい」と思っているなら、無印良品週間の期間内に無印良品で買い物をするのがお得です。そうすれば通常価格より10%割引された価格で買うことができますので、出費をだいぶおさえられます。

そして、もしも生活している地域に無印良品のお店がない場合は、ネット通販で無印商品の商品を買うこともできます。ネット通販なら商品を買えば自宅まで届けてもらえますので、持ち運びする手間がかかりません。また、忙しくてお店へ行っている時間が取れない人も、自宅からネット通販を利用することで時間をかけることなく無印良品の商品を買うことができます。このように、お店でもネットでも無印良品なら良い商品を買うことができるのでオススメです。

私と無印良品

無印良品。学生時代の独り暮らしの頃からお世話になっている大好きなブランドです。約30年前、初めての独り暮らしで住んでいたところには無印良品の路面店もあり、ちょっと遠い距離を自転車でがんばって買い物に行った思い出があります。よくアイスクリーム(大きなソフトクリームがあったのです)が溶けなかったものです。今よりもモノクロ感が強くて、あっさりすっきりしすぎているほどに白黒グレーの世界の店内でしたが、とても落ち着いて買い物できたように思います。学生なので高いものは買えないけれど少しずつ食器や服を買い足していって、気がつくと洗剤や日用品も購入するようになっていきました。当時購入したティーポットや小皿などはまだ現役です。シンプルで丈夫なのでとても使いやすくいつまでも古くならないので大切に使っています。

今でこそネットショップもあり、地元に戻って結婚してから住んでいるところにもお店はありますが、昔と変わらずわくわくさせられるブランドです。メールで「無印良品週間」のお知らせが届くといそいそしてしまいます。最近は年間に複数回の「無印良品週間」が設定されているように思いますが、初めの頃は年に2回くらいではなかったでしょうか。すごく特別感があって買い物の計画を立てるのも楽しみのうちでした。

今のところ我が家の一番の大物の無印良品はシンプルなフレームなしのマットレスだけのベッドです。送料もサービスしてくれるキャンペーンの時に購入しました。組み立ても簡単。脚をつけるだけです。子供と一緒に作業したのも楽しい思い出です。子供用の机や椅子も購入しています。

季節ごとの服や普段使う化粧品や買い足したい食器など見たいものはたくさんあります。食品も大好きで、特にお茶を見るのが楽しみです。紅茶やハーブティが大好きなのでいつも無印良品週間の時にはたくさんの種類のお茶を買い込みます。おやつもいっぱいで目移りしてしまいます。昔はバウムクーヘンや大きなパッケージに入ったポテトチップスなどを独り占めして楽しんでいましたが、今は全体にパッケージも小ぶりになったおかげで適量を食べることが出来て、お財布にも体重管理にも安心です。レトルトパックやフリーズドライの食品もびっくりするほど充実しています。初めてそういう商品を無印で見たときには、こんなものも作るようになったのかと衝撃的でした。試しに購入したものが家族にも人気で、うっかり全部食べられてしまったこともあります。いろいろ楽しめてうれしいです。

また無印良品週間のお知らせがきました。買い物に行こうかしら、どうしようかしら、とうれしい悩みでいそいそわくわくしています。

無印良品とは

無印良品の魅力はなんといっても、シンプルだけど冷たくなく、どんな家にもマッチするということだと思います。
決して主張することなく、生活の邪魔をしないデザインなのに物足りないことがないというそのバランス感覚がすごいと思います。
生活していくうえで、化粧品や文房具、服などでどんどん身の回りの色数は増えていきます。
色だけでなくその商品の文字、デザイン、数が増えるにつれ統一感が失われていき、どれだけ整頓しても乱雑に見えてしまう感じは否めません。
そこに無印良品の商品が加わることによって統一感と清潔感が生まれるのです。
無印良品は決して安い商品ではありません。
最近では100円ショップでも無印良品に似せたシンプルなデザインの商品も出ています。
しかしそれはいろんな世代の人間が無印良品のデザインを求めているということなのです。
そしてデザインをいくら似せたところで、無印良品の手触りや肌触りとは少し違います。
無印良品のもっともすごいところは、シンプルなのに冷たくない、安っぽく見えないというところなのです。
さらに使い心地がよく、一度手にしたら次々に集めたくなるのです。
それはこいう生活をすれば楽しいというイメージを、無印良品の店舗が表現しているからでしょうか。
無印良品に行くと誰かが商品の椅子やベッドに座っている光景が見られます。
それは、無印良品の店舗が家と同じように心地よい空間を作りだしているからだと思います。
そして、この心地よい空間を持って帰りたいと思わせるのが無印良品で、お店に行ってしまうと何かしら買ってしまうのもうなずけます。
インテリアやファッションがよくわからないという方でも無印良品でそろえれば一気にお洒落な感じになるのも心強いです。
どれとどれを合わせても喧嘩することなくしっくりとまとまるのが無印良品のデザインです。
元々自分が持っていたものに追加しても、なじんでしまいます。
シンプルなので自分好みにカスタムできるのも魅力的です。
また、消費者の声をよく反映してくれるので、こういうものが欲しかったというものが置いてあることが多いです。
何か足りないけれど何かが欲しい、という方はとりあえず無印良品に行ってみてはいかがでしょうか?
商品自体に興味が無くても店舗の居心地の良さについ長いしてしまい、なにかは手にとってしまいます。
無印良品には無印良品週間というものがあり、商品が少しお求めやすくなることがあります。
初めて店舗を訪れる方は無印良品週間に行ってみるのはいかがでしょうか。

無印良品のおすすめは?

「無印良品週間」とは、無印良品のものづくりの取り組みをもっと知ってもらうための特別期間です。無印良品メンバーなら10%OFFという何ともオトクなこの時期に、気になっていたけれど手が出なかった商品を、おためしするチャンスです。

無印良品のファッションなど「無印良品週間」に挑戦するいい機会でしょう。オーガニックコットンを使用した「シャツ」や「ブラウス」など、実は使いまわしのきく良い品が魅力的。
今、最も人気のスタイリストの山本あきこさん無印良品のシャツやブラウスをおススメされています。プロスタイリストが名指しで推すぐらい、年中使える無印良品の定番ファッションアイテムは、ヘビロテで使える優れものなのです。

それから、スキンケア商品などもおすすめです。中でも、「ホホバオイル」は老若男女問わず、おすすめできる一品です。
「ホホバオイル」の使い方は人それぞれです。かさついた顔やボディにデイリーケアとして日々のお手入れに取り入れることはもちろんのことですが、ぜいたくにオイルマッサージのキャリーオイルとして使います。より、リラックスを求めるなら、無香料タイプのものよりも、エッセンシャルオイルの香りを楽しめるタイプを使ってみてもよいでしょう。
サイズも豊富に揃えてありますので、興味を持って初めてつかわれる方は、一番小さいボトルのものからお試しされるとよいですね。

あと、食品です。レトルトカレーなどは種類も多く、カレー専門店でしか食べらられないような珍しいカレーが用意されています。
急な来客や、時間短縮で食卓に並べても、まったく手抜き感がありません。無印良品のレトルト、「バターチキンカレー」などはきっと、どんな方でもおいしくいただける味でしょう。
珍しいものが好きな方は、「素材を生かしたカレー グリーン」などおすすめです。
おいしそうなものを数種類準備して、家族みんなでで一人ひとりちがうカレーを同時に食卓で頂くのも、食育の授業のようで面白いと思います。
また、「手づくりカレーキット」もあり、レトルトでおいしかった味を、お肉やお好みの具材を足すだけで2~3人分手づくりすることもできます。ホームパーティーの主役に、こんなめずらしいカレーを出すのも良いですね。

他にも、「ルイボスジンジャーチャイ」や「マサラチャイ」など、エキゾチックな飲み物が、お湯を足すだけで飲めるようになっています。インスタントでこんな本格的な飲み物を来客に出せるなんて、おしゃれ感が半端ないですね。