無印良品とは

無印良品の魅力はなんといっても、シンプルだけど冷たくなく、どんな家にもマッチするということだと思います。
決して主張することなく、生活の邪魔をしないデザインなのに物足りないことがないというそのバランス感覚がすごいと思います。
生活していくうえで、化粧品や文房具、服などでどんどん身の回りの色数は増えていきます。
色だけでなくその商品の文字、デザイン、数が増えるにつれ統一感が失われていき、どれだけ整頓しても乱雑に見えてしまう感じは否めません。
そこに無印良品の商品が加わることによって統一感と清潔感が生まれるのです。
無印良品は決して安い商品ではありません。
最近では100円ショップでも無印良品に似せたシンプルなデザインの商品も出ています。
しかしそれはいろんな世代の人間が無印良品のデザインを求めているということなのです。
そしてデザインをいくら似せたところで、無印良品の手触りや肌触りとは少し違います。
無印良品のもっともすごいところは、シンプルなのに冷たくない、安っぽく見えないというところなのです。
さらに使い心地がよく、一度手にしたら次々に集めたくなるのです。
それはこいう生活をすれば楽しいというイメージを、無印良品の店舗が表現しているからでしょうか。
無印良品に行くと誰かが商品の椅子やベッドに座っている光景が見られます。
それは、無印良品の店舗が家と同じように心地よい空間を作りだしているからだと思います。
そして、この心地よい空間を持って帰りたいと思わせるのが無印良品で、お店に行ってしまうと何かしら買ってしまうのもうなずけます。
インテリアやファッションがよくわからないという方でも無印良品でそろえれば一気にお洒落な感じになるのも心強いです。
どれとどれを合わせても喧嘩することなくしっくりとまとまるのが無印良品のデザインです。
元々自分が持っていたものに追加しても、なじんでしまいます。
シンプルなので自分好みにカスタムできるのも魅力的です。
また、消費者の声をよく反映してくれるので、こういうものが欲しかったというものが置いてあることが多いです。
何か足りないけれど何かが欲しい、という方はとりあえず無印良品に行ってみてはいかがでしょうか?
商品自体に興味が無くても店舗の居心地の良さについ長いしてしまい、なにかは手にとってしまいます。
無印良品には無印良品週間というものがあり、商品が少しお求めやすくなることがあります。
初めて店舗を訪れる方は無印良品週間に行ってみるのはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です