私と無印良品

無印良品。学生時代の独り暮らしの頃からお世話になっている大好きなブランドです。約30年前、初めての独り暮らしで住んでいたところには無印良品の路面店もあり、ちょっと遠い距離を自転車でがんばって買い物に行った思い出があります。よくアイスクリーム(大きなソフトクリームがあったのです)が溶けなかったものです。今よりもモノクロ感が強くて、あっさりすっきりしすぎているほどに白黒グレーの世界の店内でしたが、とても落ち着いて買い物できたように思います。学生なので高いものは買えないけれど少しずつ食器や服を買い足していって、気がつくと洗剤や日用品も購入するようになっていきました。当時購入したティーポットや小皿などはまだ現役です。シンプルで丈夫なのでとても使いやすくいつまでも古くならないので大切に使っています。

今でこそネットショップもあり、地元に戻って結婚してから住んでいるところにもお店はありますが、昔と変わらずわくわくさせられるブランドです。メールで「無印良品週間」のお知らせが届くといそいそしてしまいます。最近は年間に複数回の「無印良品週間」が設定されているように思いますが、初めの頃は年に2回くらいではなかったでしょうか。すごく特別感があって買い物の計画を立てるのも楽しみのうちでした。

今のところ我が家の一番の大物の無印良品はシンプルなフレームなしのマットレスだけのベッドです。送料もサービスしてくれるキャンペーンの時に購入しました。組み立ても簡単。脚をつけるだけです。子供と一緒に作業したのも楽しい思い出です。子供用の机や椅子も購入しています。

季節ごとの服や普段使う化粧品や買い足したい食器など見たいものはたくさんあります。食品も大好きで、特にお茶を見るのが楽しみです。紅茶やハーブティが大好きなのでいつも無印良品週間の時にはたくさんの種類のお茶を買い込みます。おやつもいっぱいで目移りしてしまいます。昔はバウムクーヘンや大きなパッケージに入ったポテトチップスなどを独り占めして楽しんでいましたが、今は全体にパッケージも小ぶりになったおかげで適量を食べることが出来て、お財布にも体重管理にも安心です。レトルトパックやフリーズドライの食品もびっくりするほど充実しています。初めてそういう商品を無印で見たときには、こんなものも作るようになったのかと衝撃的でした。試しに購入したものが家族にも人気で、うっかり全部食べられてしまったこともあります。いろいろ楽しめてうれしいです。

また無印良品週間のお知らせがきました。買い物に行こうかしら、どうしようかしら、とうれしい悩みでいそいそわくわくしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です